定期保険との比較ポイント

生命保険には、終身保険などもあり大変人気となっていますが、生命保険の中にも養老保険と呼ばれるようなものもありますし、定期保険というものもあります。それぞれの保険の種類によって、タイプが異なりますし、システムや掛け金の金額も変わってくるので、比較する事が大切です。

 
定期的に支払う保険とは、掛け捨てと呼ばれる保険で、月ごとに保険費用を支払い、何かあった時に備えていくものです。積み立てるものではないので、利率などもお関係なく、満期というものもありません。その保険会社を解約しない限り、毎月保険金額を引かれていきます。解約した時にも、特に返戻金などもありません。

 
これに対し、幾分お得なのが養老保険や終身保険です。かけ金は定期ごとに支払う保険よりも高めになりますが、その分満期になった時に一定金額が戻ってくる事もあるので、長くその保険会社と契約していればしている程お得になるのです。これを考えたら、定期の保険よりも養老などのタイプの方が優れている感じがしますが、定期的に保険金額を支払う事でのメリットもあります。

 
例えば、今、あまりまとまったお金がない方や、これから保険会社を変える予定があるような方、将来の見通しが立っていない方でしたら、定期的に保険をかけていく方が、一時的には合っていると言えます。猫04

Comments are closed.