養老保険の種類について

犬11

 

養老保険には、幾つかの種類があります。学資保険やこども保険と呼ばれるものも該当します。このの契約内容を大きく分けると、有期型の変額保険と外貨建て商品になります。

 
前者は、運用実績に応じて保険金額や満期保険金そして解約返金が変わるのが特徴です。被保険者の死亡や高度障害の際には、基本保険金額と共に特別勘定の運用による増減がある変動保険金額が支払われます。死亡保険金と高度障害保険金には、最低保証がされますが、満期保険金や解約返戻金はそれがありません。

 
後者の商品は、外貨で保険料を支払います。主に米ドルやユーロが使用されています。この保険の特徴は、保険金や解約返戻金などの支払いが外貨で行われる事です。為替変動によるリスクが発生する事があるので注意が必要になります。

 
貯蓄を主な目的としているので、保険料が高めに設定されています。毎月の保険料は、無理のない金額で契約をすると良いです。メリットとしては、保険期間中に被保険者が死亡したい場合にも保険金が支払われます。

 
保健期間が予め決められており過ぎると満期金が支払われます。生死混合保険と呼ばれるタイプの保証内容になります。
商品よっては、更新が可能なものと不可能なものがああります。

 

Comments are closed.