生死混合保険について

養老保険や定期付養老保険などの生命保険は、生死混合保険の代表例です。死亡保険と生存保険、両方のメリットを取り入れた保険となっており、貯蓄性が高いという特徴もあります。

 
保険期間内に亡くなった場合は死亡保険金が支払われ、契約が満了した場合には満期保険金をもらえる仕組みとなっています。保険商品によっては、病気や不慮の事故・災害で怪我をした場合の保障を受けられる場合もあります。掛け続けた保険料を無駄にすることがないため、非常に人気があるタイプの保険です。

 
養老保険に特約を付加すれば、病気や怪我によって入院した場合の給付金を受け取ることができます。また、亡くなった場合だけでなく、高度障害になった場合の保障を受けることもできます。保険料はやや高めの傾向がありますが、その分貯蓄性が高いことでカバーできる仕組みなのです。

???? Vol.124 ????????
定期付養老保険の場合は、亡くなった時の保険金を高く設定することが可能です。養老保険で得られる保障に定期保険を加えた保険商品ですので、遺族に多く残したい人は、定期付きのプランを選択するケースが多いです。

 
ちなみに、高度障害保険金の受取対象となる状態は、保険会社ごとに条件が異なっています。事前に確認してから加入を決めるといいです。

Comments are closed.