終身保険との比較ポイント

人間死んでしまえばそれまでです。しかしながら、自分としては死ねばそれで終わりですが、その身内はそういうわけにはいきません。

 
そしてまた、もしも自分の収入をアテにしている方が身内にいる場合、自分の死は決して自分だけの問題ではなくなります。死んでしまえばそれまでですが、だからといって放っておけないのが身内というものです。やはり、身内のためにも、いざという時に備えておきたいと願うことは珍しくありません。

???? Vol.124 ????????
そんな時に便利なのが養老保険です。養老保険とは、貯蓄性のある生命保険のようなものであり、保険料としてお金を貯金しながら生命保険に近いサービスを受けることができます。

 
養老保険に加入すると、一定期間まで目的金額を目指して保険料を払っていくことになります。そして一定期間まで払い終えたら、満期保険金として支払った分の金額をそのまま受け取ることができます。

 
そしてまた、もしも被保険者が払っている期間中に万が一が起こった場合、目標金額として設定されていた金額が遺族に給付されるのです。
このように、養老保険とは貯金しながら生命保険に近いサービスを受けることができる保険サービスなのです。

 
ちなみに似たような保険に終身保険がありますが、養老保険と比較すると、満期保険金を受け取れる期間の定めがないという違いがあります。

Comments are closed.