養老保険の概要

万が一に備えて用意する生命保険ですが、一風変わったもので養老保険というものがあります。この保険は死亡保険金と満期保険金が同額というものなので、保険を兼ね備えた貯蓄、と捉えるとわかりやすいです。

 
生きている場合も死亡した場合の保障でも保険金が受け取れるため、通常の生命保険よりは高額になることが多いです。しかし、必要以上に特約にコストを掛けなければ元本割れの心配はほとんどないため、貯蓄をしながら安心を得るという面では優れていると言えます。

 
元本割れする主な理由は特約にあります。入院特約や特定疾病の特約がセットで付いていることが多く、それが原因となり高額な保険料となるためです。毎月の支払い額と満期保険金を比べることですぐにわかるので、不必要な特約は付けないことが大切です。

 
その積立性の高さから、結婚資金や老後生活資金など将来を見据えた財産形成の方法としても利用出来ます。こういったいざという時の保障と財産形成を同時に出来るという部分が最大のメリットだと言えます。

 

犬10
保険なので普通預金や定期預金にはない安心を得られます。そのため、万が一の時の備えや老後への準備として活用出来ます。お金を貯めることが苦手な方にも向いている保険と言えるかも知れません。